花粉症対策や病気対策でヘルスアップ│肝臓病や花粉症などをガード

医者

甲状腺疾患

放射性カプセルを使用します

女性

甲状腺疾患の代表であるバセドウ病の治療では、時に内服薬による副作用が問題となります。皮膚のかゆみや脱毛といった比較的軽度な副作用はもちろんのこと、まれに白血球の減少が見られることもあり注意が必要になります。白血球の減少などの重篤な副作用が生じた場合には、即、薬の服用を中止する必要があるのです。 このような場合に最近広く試みられているのが、アイソトープ治療と呼ばれる方法です。この治療では放射性物質の含まれるカプセルを服用して、甲状腺の組織を部分的に破壊してしまいます。数日の通院で出来る治療であり、現在では他の薬治療が難しい場合に、広く選択されている方法なのです。日本ではこの治療は一部の医療機関で行なわれています。

放射線治療が広く普及するでしょう

放射性カプセルを用いた甲状腺のアイソトープ治療は、メリットの大きい治療法としてアメリカでは広く選択されています。一般の甲状腺薬の場合には通常3年から5年程度かかる治療が、ほんの数日で完了してしまう点に魅力を感じている方も多いのです。日本のの場合には、放射性物質への懸念もあり未だ一番手の治療とはなっていないのが現状です。 アイソトープ治療を始めとする放射線を用いた治療は一定のリスクがありますが、体への負担は比較的抑えられていると言えます。他の病気の治療でも昨今は放射線が合理的に用いられるようになっており、治療で得られるメリットの方に注目が集まる傾向があるのです。今後は日本においても、放射線を使用した治療がこれまで以上に普及していくと予想されます。